アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
ふりむけば花のみち
ブログ紹介
夢の世界・タカラヅカにどっぷりはまっている、
こいしのひとりごとです。

今、特にはまっているのは
 花組 明日海りおさん  星組 紅ゆずるさん


ときどき、フィギュアスケートの話もします。
 宇野昌磨選手のファンです。
zoom RSS

お茶の間ライブ

2017/11/18 01:54
フィギュアスケートの話です。

グランプリシリーズ日本大会 NHK杯

ゆづるさんの負傷・欠場は、大変ショッキングで
心が痛むニュースでした。
一日も早い快復を祈るばかりです。
NHKのニュースでのインタビューで、前向きな言葉と
少し笑顔も見られて、ほっとしました。
全日本出場を目指して治療とリハビリに励む、とのことだけど
あせらずに・・・というのは、ご本人も重々承知のご様子。
ゆづくんが出場しないオリンピックなんて、考えられない。
キスクラで直筆メッセージを掲げたジェイソンをはじめ
今回の出場者、ライバルと言われる人たち、
世界中から快復を祈るメッセージが寄せられています。
みんな同じ気持ちだと思う。
また一回り強くなって、戻ってきてくれるのを待っています。


大会は、いつもと違う形で、大いに盛り上がり。
私のツボにきたところを・・・。

男子は、アラサーがんばった!
30歳ボロノフさん、ショートもフリーもほぼノーミス、自己ベストで
グランプリシリーズ初優勝。おめでとう〜!
リンクから引き上げるときの「アリガト。ツカレタ。」に
私に付き合わされて放送を見ていた、家族のハートを鷲掴み。
エキシビションでは、場内アナウンスで
「セリョージャさん」と呼びかけられてたけど
そんなに親しげに呼んでいいのか、と勝手にどぎまぎしてしまった。
ハッピーバースデのーリッポンさん、素晴らしい演技で銀メダル。
独自の世界を貫いてる人が、高い評価を受けるのも、うれしいですね。
エキシビションでは、前代未聞の歌唱披露!
そしてまたこれが上手い。2度びっくり。
銅メダルのビチェンコさんは、フリーの出番前、
普通はスタンバイしていても人の演技は見ないようにしてる人が多いけど
彼はボロノフさんの演技をじっくり見て、盛り上がる客席の様子まで
じっくり見渡して拍手していた・・・余裕あるなぁ。
ブレジナさん。ちょんまげ姿も凛々しく。
日本で滑る「鼓童」・・・感慨深かっただろうなぁ。
フリーは、なんか雰囲気が
ラストイヤーの大ちゃんみたいだったんだよね・・・。
カナダでは成功していた4回転サルコウが失敗だったけど
もう一度チャレンジしたのは、ナイスファイトだったよ!
チーム日本の友野くん、佐藤くん。
二人とも、初出場のNHK杯で自己ベスト!
転倒があってものびのびと演技して
ジャッジや観客へのアピールも良かった。今後が楽しみ。

女子は・・・まずは、さっとんお帰り!
復帰戦、ジャンプは、らしくないミスなどもあって
やはりまだ本調子ではないんだなという感じだったけど
スケーティングは、なんか変わった・・・良くなったという印象。
本郷理華ちゃんも、ジャンプの調子が戻ってきて自信もでてきたのか
とてもイキイキしてた。素敵だった!
白岩優奈ちゃんは、シニアデビューで緊張したかなぁ
ちょっと硬かった?

NHK杯といえば、カップル競技がじっくり見られるのも楽しみ。
アイスダンスの現世界チャンピオン、テサモエは
ショートの曲がムーランルージュで
よく使われる曲なんだけど、やはり上手い人たちがやると一味違う!
そして、ペアの現世界チャンピオン、中国のスイハンのフリー
トゥーランドット!素晴らしかった。
この二組の演技を見られたことが、幸せ♪
日本からは、ペアもダンスも二組ずつ出場で
それぞれ素敵なプログラムだった〜。
まだまだこれから、だけど、期待がふくらみます。

もうひとつ、NHK杯の楽しみは、すべて生中継だということ。
会場にいる人たちと同じスケジュールで、テレビの前にスタンバイ。
お茶の間にいながらの、ライブ感。
時間を皆と共有している、というこの感覚が
テレビ観戦を、より盛り上げてくれるんだよね。
また、いつもながらNHK杯の観客は、どの選手にも平等で熱心。
ノーミスの演技に対して、終わったとたんに
わぁっっと歓声が上がる瞬間、お茶の間の私も鳥肌が。
今年も幸せな時間を過ごすことができました。
ありがとう。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


夢はかぎりなく

2017/11/08 01:38
来年5月の花組・博多座公演の演目が
「あかねさす紫の花」「Santé!!」に決定!

あかねさす・・・!みりおちゃんに、似合いそう〜!

ついこの前、何の作品をやるか予想をしていて
一般ウケするのはやはり、柴田作品だろうというところまで
予想できたんだけど、あかねさす〜は忘れてたわ〜。

思えば・・・2002年8月、おさちゃんトッププレお披露目の博多座が
「あかねさす紫の花」「「Cocktail」だったんですよね。
そして、少しの間タカラヅカから遠ざかっていた私が
ファンに復活した、きっかけの公演でもあるのです。
今回のショーも姉妹編みたいなもんだし・・・
いやぁ〜感激!
私、お芝居が始まったとたんに泣いちゃうかも。
そして、ショーのフィナーレ、「乾杯」の黒燕尾は号泣しちゃう。(迷惑)


スカステで放送中の、じゅりぴょんの番組「宝塚音楽同好会」に
月組のとしくん(宇月颯さん)が登場。
ころころよく笑う、としくん。
としくんと言えば・・・フィギュアスケートの小塚くんとそっくりだと評判ですが
なんと、ご本人から劇団に年賀状が届いたそうで!
(写真にサインが書いてあるもの)
初めは、誰かのイタズラかなと思ったけど、2年連続でいただいたので
本物なのかな?と。
この場を借りて・・・と、お礼を言ってましたが
この機会に、スカステでトーク番組とかしてくれないかなぁ!
だいもんはかなりのゆづファンだし、ほかにもフィギュア好きはいるはず。
スケート界にも、タカラヅカ好きはいるはず。
あっこちゃんは、いつか「タカラヅカ・オン・アイス」とかやってみたい、と
TCAPRESSで言ってたし。
歌舞伎とのコラボもやってたことだし、次はタカラヅカとのコラボはどう?
・・・きゃあ〜夢は広がる。
ついでに言うと、スカピンの「君はどこに」を
大ちゃんか、しょーまくんが、すべってくれないかなぁと
ずっと思ってるんだけど。
勘違いのイタイ男の切ない愛を、ねっとりとすべってくれるんじゃないかなぁって。


あっ、タカラヅカとフィギュアといえば
この前の西日本選手権に出ていた、竹内すいさん、
フリープログラムは、エリザベートの「私だけに」なんですってね!
どんなアレンジなんだろう。気になる。
あぁ〜、アクシオン福岡、近くなんだから見に行けばよかったなぁ。
初めて観戦するには勇気が・・・。
(そういうところも、タカラヅカに似てる)
全日本、頑張れ〜!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


予想どおり

2017/11/04 02:07
今頃気づいたんですけど・・・

雪組の大劇場公演「ひかりふる路」新人公演
星組から組替えした、綾凰華さんが主演なんですね〜!

やったぁ〜!おめでとう!!
期待通りだわ〜♪

でも、まさか・・・
組替え前の星組スカピン新公で、ロベスピエールをやったから・・・
ってわけじゃないよね!?

・・・まぁ、たとえそうでも主演は主演。
同じ人物でも、作品が違えば描かれ方も違うと思うので
演じるのは難しいだろうけど
見るほうは、どんなふうに演じるのか楽しみですね。

あやなちゃん、がんばれ〜っ!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


JUMP! おまえは跳べる

2017/10/26 02:00
フィギュアスケートの話です。

ひゃあ〜!
間もなく、しょーまくんのグランプリシリーズ初戦、カナダ大会ですね〜。
ドキドキ、ソワソワ。

ロンバルディアでは、いきなりの自己ベスト更新でしたが
ジャパンオープンでは残念な結果に。。。
公式練習で、「全部だめ、全然だめ」と言っていて
でもそう言ってても、本番ではできちゃうことがよくあったけど
このときは、違った。
本当に調子が悪かったみたい。
私なんか、初め調子よくて失速していくのが怖いから、
これくらいで良しよし・・・なんて思ったけど
最後のこぶしを突き上げるポーズで演技を終えた瞬間
とっても悲しそうな目の色になって・・・。
見てるこちらも、胸が締め付けられる思いに。
今シーズンのしょーまくんは、このときの悔しさを胸に
戦っていくんだな・・・。
最初の試合でジャンプがほぼ成功して
伸びしろを感じさせつつの自己ベストで
これくらいの点数はいけるよ、とジャッジを含め世界にアピールできたけど
同時に、その演技を超えなければいけない、という
自分へのプレッシャーにもなったと思うのよね。
・・・厳しい道のりだな・・・。
カナダでは、4回転サルコウを回避するかもしれない、
新しいジャンプより、コンビネーションを必ず跳ぶことや、表現面をがんばる、
と話していましたが・・・自信を失ってしまってるのかな・・・
みほこ先生についていく背中が小さく見えたのよね・・・。
大丈夫!やればできる子!!
自分がやりたいと思ったとおりの演技ができますように!
祈ってるよ。


そのほかの選手についても、感想をちょこっと。

やはり、オリンピックシーズンということもあってなのか
盛り上がりそうな曲や、自国にちなんだ曲の
とっておきプログラム〜が多い印象ですね。

ジャパンオープンでは、三原舞依ちゃんのフリーが印象に残りました。
周りが、強い女性のイメージのプログラムが多かった中で
まいちゃんの柔らかいスケーティングと、柔らかい曲調がよく合って
ここは天上界か!?と思うくらいの別世界が広がってました。

未来ちゃんのトリプルアクセル認定おめでとう!
ミス・サイゴンのプログラムも、とても似合っていると思う。
ロシア大会では残念だったけど・・・やはり難しいジャンプを取り入れていると
その分、負担が大きくなるんだろうね。

メドベちゃんは、ジャパンオープンのときは
上手いんだけど、周りのみんなも上手くなってきてるので
去年までのような、一人だけ別次元・・・という感じがなくなってきたなぁと
思ったんだけど
ロシア大会のときは、ジャンプを跳んでいる最中でさえも演技してるみたいで
もう圧巻でしたね。

でもこの今の流れに逆らうような、ゆったりと、ただただ優雅な
コストナーの素晴らしい演技。
これだけブランクがあっても、表彰台の高得点だなんて・・・すごい。
こうして現役で戻ってきてくれて、嬉しい!

新葉ちゃんのショートもフリーも、彼女にぴったりで、とても好きです。
坂本かおりんのフリー、ちょっと変わった世界観なんだけど
私はとても好き。
ロシア大会では、最初のポーズを間違ったうえにジャンプを転倒して
心が折れちゃった、って言ってたね・・・。
しょーまくんも、以前同じことを言ってたから、胸が痛みます。
ジャンプが全部成功して、ぐっと気持ちが入り込むことができたら
すごいものが出来上がると思う。
フランス映画だから、フランス大会だったらウケが良さそうなのにね。
次はアメリカなんだよね。

ゆづくん、4回転ルッツ成功、おめでとう!
失敗して、次は成功するように・・・だけでなく、難易度を上げて挑戦する。
・・・さすがだね。
そしてやっぱり、何度見てもこのフリーは素晴らしいプログラムだなと思う。
中盤のステップで、ジャッジに向かって歩いてくる?ところが
私も一番好きで
難しい技でもないけど、曲の世界観を一番表している気がするし
貫録を見せつけているようでもある。

そして、ネイサンのショート!
かっこいい〜っ!!
あのステップ!
めちゃ早いテンポに飲まれることなく、しっかり滑りこなして
上半身も大きく動かしつつ、レベルはしっかり取ってる。
いやぁ〜、目が釘付けでしたね。

今季も続けてくれることになった、ミーシャ。
競技会でも、ここまで表現できるんだ、と驚く、素敵なプログラムでした。
しかも何気にノーミスで自己ベスト、表彰台まであと少し。
どんどん進化してますね。


・・・今こそ、タカラヅカの「オーシャンズ11」のJUMP!を
しょーまくんに歌ってあげたい。
♪どんな壁も どんな崖も JUMP! ひとっ跳びさ〜
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


太陽と月

2017/10/15 11:09
久しぶりに、タカラヅカを見ました!
・・・と言っても、ライブ中継ですが。。。

月組「All for One」東京千秋楽ライブ中継に行ってきました。

実は、たまきちさんがトップになってから初の月組観劇。
第一印象は「若い!」。
組の特長がそのまま生かされた、元気ハツラツ、
笑いあり、アクションあり、ラブあり、勧善懲悪でわかりやすく
最後はホロリとさせられるところもあり、の
これぞタカラヅカのミュージカル!と感じました。
やっぱり、ここ数年やってきた、フレンチミュージカルの影響からか
民衆の思いが高まって、俺たちはやるぞー!おーっ!
ってなるところで、重厚なコーラスではなく
Hey!Yo!ってなるのが、現代的というか
これからのミュージカルは、こういう方向で行くんだろうな。

ちゃぴが、元男役のスキルを活かして
周りを振り回すくらい、はっちゃけて演じていたのに感動したし
としくんが渋くて、場面を引き締めていたのにも感動した。
雪組から組替えの、れいこちゃんは
今回、わかりやすく主役と敵対する役どころだったのもあって
太陽だらけの中に、ポンッと入った月って感じで
とても存在感があった。
ヒロさんマザランの「者ども、引っ立て〜い!」の悪代官ぶりが
気持ちいいくらいでしたが
最後にアンヌ組長に、私たちは表舞台から去るのです(意訳)と
宣告される場面で
涙しながらマザランに感謝を述べるアンヌと
客席に背を向けて、アンヌの前に頭を垂れるマザランが
アップで映って、グッときました。
そのときのマザランの「御意」が
「ぎょ〜い・・・」と、大げさな言い方なんだけど、とても重く響いて
うわ〜っと盛り上がってきた物語が、この一言でギュッと締められて
見事に終結に向かうという・・・さすがだなぁと。

つい、悪役側に目が行くのは、あまのじゃくだからか歳をとったからか・・・。
でも観劇後はスカッと気持ちよく、大いに楽しめた作品でした♪
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ここから

2017/09/18 02:21
フィギュアスケート、ロンバルディア杯。
あちこちのスポーツニュースで、ちょこっとずつ見ました。
しょーまくん、いきなりすごいよ!

でも、このチャレンジャーシリーズの大会が
こんなに取り上げられるなんて。
注目度が上がったんですね〜。しみじみ。

ショート。

まず、衣装!ロコの冬バージョンって感じ・・・形が似てる。
薄いグレーから黒へのグラデーションで
光り物がちりばめられてるのが
氷の世界というか猛吹雪というか、まさに「冬」で素敵!
そして、動きがキレッキレ。
シーズン始まったばかりだから・・・って感じが全くなく
世界選手権の、自己ベストを出したあの状態から
そのままちゃんとレベルアップしてる。
ショートで後半に4回転のコンビネーションを成功させたのは
ISU公認大会では初だった、なんて驚いた。
でもそんなすごいことやってのけた直後に
よろけちゃって照れ笑い?・・・この可愛らしさが、しょーまさん。
でも、ラストのスピンのときに手拍子が起こってたけど
あの曲には似合わないように思うのだが。。。

フリー。

衣装の、黄金の刺繍というか飾り、すごいですね〜!
「トゥーランドット」の世界にぴったりで、素敵な王子っぷり。
試合で初めての4回転サルコウも、あっさり成功。
後半に4回転ジャンプを3つも入れて、すべて成功したのもすごかったけど
それがすべて美しかった!
さすがにお疲れの様子だったけど。
いやぁ〜、これが始まりですからね。
ここからさらに、磨き上げていくわけですから。
どこまでいっちゃうんだろう・・・恐ろしさと楽しみで震えます。

そんなしょーまくんのすぐ後に演技した、ジェイソン・ブラウンが
これまたとても美しい演技だったそうで
グランプリシリーズで見るのが楽しみ。
3位で表彰台に上がった、オーストラリアのブレンダン・ケリーが
「ショウマと一緒に滑れることがモチベーションになった」と語っていた
という記事をネットで見つけて
4年前、憧れの大ちゃんと同じグループで滑れることを
喜んでいたしょーまくんが
今や、ほかの選手から憧れられるような存在になったんだなぁと
感慨深いものがありました。

次は来月の「ジャパンオープン」。
新生「トゥーランドット」をちゃんと見ることができる・・・!
楽しみでなりません♪
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ファン宣言

2017/09/06 02:03
お久しぶりです。
朝晩だいぶ涼しくなってきました。
涼しくなった、ということは・・・!
そう、フィギュアスケートの季節到来です。


今年はオリンピックのシーズンなので、ファンとしてもなんだか緊張。。。
広く浅く、ゆる〜く皆を応援していくつもりが
いつの間にやら、すっかり宇野昌磨選手の虜になってた私。
この際、しょーまファンだとしっかり宣言して
ブログでも、しょーまくんを応援していこうと思います!
(まぁ、少し前から、しょーまくんのことしか書いていなかったけどね)

しょーまくんを知ったのは、ちょうど4年前、ソチオリンピックのシーズン。
大ちゃん絶賛応援中だった私は、大ちゃん2世と言われるくらい
ステップが上手な子がいると聞いて、ひそかに注目してました。
(その頃のブログが→こちら。我ながら、ブレてない・・・。)
全日本では、ジュニアながらフリーの最終グループに入ったんだよね。
そのときの放送を録画していたことを思い出して、見返したら
4回転どころかトリプルアクセルも跳べなかったけど
スケーティングもスピンも、もちろんステップも
お兄さんたちの間で、全く見劣りしない!
その頃の雑誌のインタビューでは、何年も練習しているのに
試合ではなかなか跳べないトリプルアクセルへの熱い思いを
めっちゃ語ってたけど
今や、アクセルは「休憩」。(ご本人談)
トリプルアクセル+トリプルトウループのコンビネーションで
できばえ点を満点もらったこともあるくらい、得意なジャンプになった。
「アクセルを身に着けたら怖いものなし」と評されてたとおり
あっという間に世界のトップスケーターに仲間入り。
タカラヅカファン目線でいうと
ゆづくんがトップスターで、しょーまくんが2番手スター・・・
二人が切磋琢磨しながら成長することで、全体的にも活性化する・・・
今、素晴らしい状況ですよね。

そして、雑誌やテレビのインタビューで、彼の人となりを知るにつれ
まっすぐな心、優しさ、思考や言葉選びのユニークさ、
見た目は、上野のパンダの赤ちゃんみたいに愛らしいのに
試合ではオトコになるところ、
普段はほわーんとしてるのに、試合に関してはメンタル最強なところ・・・
ますますメロメロです。
(この最後の、普段はほわーんとしてるのに・・・というギャップって
 私がタカラヅカが好きな理由と共通してるかも)

シニアに上がるときからずっと成長を見てきたのは
しょーまくんが初めてで
そのしょーまくんが、オリンピックに向かって、これから戦っていくんだ
と思うと・・・なんか勝手に緊張してしまう。
先日の「フレンズオンアイス」で、トゥーランドットのコラボをしたのを
スポーツニュースでちょこっと見ましたが
しー様(荒川さん)や大ちゃん、あっこちゃんなど先輩方が
しょーまくんを囲んで手を伸ばし
その真ん中で力強く拳を突き上げるしょーまくん・・・
皆さんが応援してくれているようで、感動した!
オフシーズンも、アイスショーやトレーニングで大忙しで
とどまることなく自分を磨き続けるしょーまくん。
初戦まで、もう、1週間ちょっと・・・
ケガなく、望みどおり笑顔で終われるシーズンになりますように!
気合を入れて、応援します。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

Web拍手


お気軽に一言どうぞ♪



グリムス



ふりむけば花のみち/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる