アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
ふりむけば花のみち
ブログ紹介
夢の世界・タカラヅカにどっぷりはまっている、
こいしのひとりごとです。

今、特にはまっているのは
 花組 明日海りおさん  星組 紅ゆずるさん


ときどき、フィギュアスケートの話もします。
 宇野昌磨選手のファンです。
zoom RSS

おめでとう、そして、ありがとう

2018/02/21 01:50
フィギュアスケートの話です。

ピョンチャンオリンピック。

ゆづるさん金メダル、しょーまくん銀メダル
おめでとうございます!!


ゆづるさんは、現地入りしたときからもう
俺は金を獲るぞ!というオーラ全開で
そしてそれを見事にやってのけました。
すべてに強固な意志で打ち勝った姿に
尊敬の念を抱かずにはいられません。
どうか、これからもっともっと幸せになってもらいたい。


そんなゆづるさんと久しぶりに一緒に戦って
のびのびと自分らしさが発揮できたように見えた、しょーまくん。
特にフリーでは、絶対に成功させるんだ!という気迫で
素晴らしいパフォーマンスでした。
テレビの前で手に汗握って見つめていた私も、涙が止まらず。
これまでのつらい思い、日々の努力が報われてよかった。
しょーまくんはいつも、目の前の試合ひとつひとつに全力で挑む。
それがどんなに大きな試合でも小さな試合でも変わらず。
自分で納得のいく練習を積んで
その成果を試合で発揮できることが喜び。
そして、しー様のインタビューで「楽しめた」と言っていたのが
何より良かったなぁと思う。
しょーまくんが笑顔でいてくれて、よかった。

ネットで見つけた、感動話。
『美穂子先生のプログラムを、オリンピックに連れていきたい』
と、周囲に語っていた、という新聞記事。
そして、自分の演技前にほかの選手の演技を見ていたしょーまくんに
誰の演技が一番印象に残ったか、と質問があり
『(実際は見ていなくて結果を聞いたが)
ネイサンがショートで思うような演技ができなかった後で
フリーで本来の力を発揮できたことが、うれしかった』
と答えた、とのこと。
自分の誕生日のときには
『誕生日は、両親に感謝する日だと思っている』
・・・素敵すぎる。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


魂を込めて

2018/02/04 02:34
フィギュアスケートの話です。

NHK-BSの「アスリートの魂」を見ました。
今シーズンの、しょーまくんの歩み、
苦しんで、一進一退で歩んできた道のりが
淡々とつづられていて
そこがまた良かった。
今まで見たことないしょーまくんが、たくさん。
お宝映像もたくさん♪

悔しくて眠れなかった全日本が、この番組のラストシーン。
夜遅く、珍しくフードを目深にかぶって出てきたしょーまくん。
声をかけた取材スタッフに、フードをかぶったまま「ごめんなさい」と
手を合わせながら去って行った。
そこから、成人式にも出ないで猛練習を重ねて
「やっとできたね!」と笑顔で美穂子先生に迎えられた四大陸、ですよ。
あの後、どれだけの思いをこめて練習してきたんだろうと思うと
胸がいっぱいになります。
そしていよいよ、オリンピック!
もう、あと1週間もないよー。
お茶の間応援だけど、万全の準備をしなくては。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


大丈夫

2018/01/31 02:26
フィギュアスケートの話です。

四大陸選手権
しょーまくん、銀メダルおめでとう!

今シーズン、ずっと苦しい試合続きだったしょーまくんが
フリーの演技を終えた途端、ほっとした良い笑顔になって
自信をもって次へ進める、と話してたので
それが何より良かった♪


ショートでは、ステップがレベル2だったり、
コンビネーションのセカンドジャンプが2回転になったり・・・
(これ、テレビで「ミス」と言われていたけど
 無理に3回転跳んで失敗するのを避けて、敢えて2回転にして
 加点をもらったんだから、「ミス」ではないと思う)
なんとかまとめられて100点超えたけど、会心の出来とはいかず。
演技直後、厳しい顔からふっと素に戻って
ほっとした表情でふーっと息を吐いたのを見ても
ぎりぎりのところで踏ん張っていて、つらそうに見える。
本当はもっとできるし、早くそのぎりぎりラインから抜け出して
試合を、滑ることを楽しい!と思えたらいいのになぁ。
直前の練習で4回転トウループばかり何度も跳んで
ジャンプに意識が集中しすぎていて、本来のしょーまくんの良さが
発揮されてなかったようにも感じた。
(・・・と、いろいろ語ってますが、ニュースで見ただけです・・・)

そうして迎えたフリー。
私はテレビ放送前に、うっかり、ネットで
「コケて優勝逃す」という記事のタイトルを見てしまって、大ショックで
しょーまくんは落ち込んでいないかな・・・と心配しながら見たけど
演技を見たら・・・なんのなんの!素晴らしかった!
前半のジャンプの転倒を引きずることなく
課題だった後半、ジャンプを一つ一つ決めていくごとに
少しずつ自信をもった顔つきに変わっていって
だんだん盛り上がっていく曲に合わせて、演技もどんどん力強く
ラストのスピンに向かって盛り上がっていく、という
このプログラム本来の姿がやっと見えた。
音楽と一体となった、感動的なプログラムだった。
本来のしょーまくんが帰ってきた!

昨シーズンは、新しいことにどんどん挑戦することで
課題を克服してステップアップしていったけれど
今シーズンのしょーまくんは、ひとつずつ、のぼっていかなくては
いけなかったんだよね。
前と同じようにしようとしたけど、上手くいかず自信を失ってしまい
今回は技の難易度よりも、納得のいく演技をして
自信を取り戻すことが必要だった。
前半にミスをしても、課題だったジャンプ、そしてコンビネーションを
やりきるという目標を達成して、笑顔で終わることができた。
それは、次の大きな試合に向けての大きなステップ。

いやでもほんとに、順位とかメダルとか考えていないんだなぁ・・・。
ボーヤンに逆転されたわけだけど、そんなことアウトオブ眼中って感じ。
もう自分の演技の完成度と、次に向けてのことしか
考えてないみたいだもんね。
でもそれはボーヤンも同じようで
ほぼノーミスで優勝できて、喜んでいるけど全く気を抜いていなくて
オリンピックでも順位は関係なく、自分がやってきたことをすべて出したい
というインタビューでのお答え。
まぁ、男子はみんな、4回転ジャンプを何本もプログラムに入れていて
ほんとにその場の調子、タイミング、その他もろもろの理由で
どうとでも出来が変わってくるから、誰が何点出して何位になるかなんて
全く分からない状況だもんね・・・。

しょーまくんの新衣装。
ショートは、全日本のときのものに袖の装飾が増えていて
スピンをすると猛吹雪みたいで、激しくも美しい冬・・・いい感じです。
オリンピックもこれでいくのかな?
フリーは、からし色というか、金色というか・・・
でも袖の手先に向かって青へのグラデーションが素敵だし
肩から背中、袖のキラキラがすごい。
襟は2年前のトゥーランドットの衣装風。
青の衣装は真夜中に星空を見上げるイメージ、
この黄色は「夜明け」ですな?
とても美しいけど・・・青のほうがいいな〜と思っていたら
ご本人も「今回限り」ときっぱり。(ホッ)
あのオールバックの髪型も「気に入ってない」とバッサリ。(笑)
ロコのときには、似合ってたのにね〜。やはり衣装や音楽との調和かな。

部長さんが、今回の結果を真摯に受け止めて宿題克服してね、と
厳しいコメントを発表してたけど
優勝を逃したしょーまくんに非難が集中するのを
防いだのかな〜とも思います。
いつもコーチの隣で演技を見守ってるし、マスコミ向けコメントの前に
本人たちとはもっといろいろな話をしてるはずだしね。
まぁ確かに、周りから見たら、もっとできるはずなのに!と
もどかしい気持ちになるよね。
でも、賢いしょーまくんは、分かってる。
今回は、オリンピックに向けての一歩にすぎない。
だけどとても大切な一歩。
ここから大ジャンプするんだもんね!
しょーまくんなら、大丈夫!

オリンピックは「winter games」。
楽しんで滑れますように。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


いざ、大海原へ

2018/01/03 14:39
NHKのBSで放送された
「新春・宝塚スペシャル〜輝くトップスター」を見ました。

タイトルと、出演者に、雪組トップコンビのほか
みりおちゃんや、OGのマミちゃん、リカちゃんの名前もあったので
てっきりトーク中心かと思っていたら、
話は紹介程度で、メインは雪組の東京で初日を迎えたショー
「SUPER VOYAGER!」舞台中継でした。

生中継ではなく、宝塚で録画したものだけど
今上演している、最新のものがBSの画質で見られるなんて♪

お芝居のほうが、より話題になってたようだけど
このショー、私の中で大ヒット!
だいもんのお披露目と、新生雪組の新たな船出をお祝いするような
華やかさで、バラエティに富んでいて、楽しかった〜!
プロローグで新しいメンバー紹介と、客席降りで盛り上がり・・・
だいもんが言ってたとおり、青と銀のポンポンが客席で揺れると
深い海がきらきらと輝いてるみたいだった。
スタイリッシュなダンスシーンがあり
コマの素敵なシャンソンで、あーさをだいもんと翔くんが取り合い
ラテンの中詰
だいもんの、あの日記から、壮大なマスゲームのレビューになり
かっこいいJ・POP、それも「アンダルシアに憧れて」が
あんなアレンジになるなんてねぇ・・・・と思ってたら
舞台上早替わりでタカラヅカらしいデュエットに。
このふり幅!
これこそ、タカラヅカ。

それに、あやなちゃんが大活躍していて、びっくり。
組替えしてきた途端に、スターさん扱い。
プロローグでは、縣くんと二人で出てきたし
ロケットでは真ん中で、中詰の始まりも娘役ちゃんたちの真ん中で
頑張っていた。
あーさも、一人で歌いながら銀橋を渡ってたし
女役も素敵だったし
二人が、新たな場所で輝いている姿を見られて感激しました。

新年に、良いエネルギーをもらえた気がします!
やっぱり、タカラヅカっていいよねぇ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


あけましておめでとうございます

2018/01/01 02:50
2018年
あけまして おめでとうございます。

タカラヅカファンでフィギュアスケートファンの、こいしです!
イエーイ!

・・・あれ?テンションがおかしい?

だってだって、今年は・・・
わが地元の博多座に、みりお様が!
オリンピックにしょーまさんが!

実現するといいなぁと夢見ていたことが
いよいよ、現実になるのです。
考えただけで、ワクワクドキドキ・・・略してワキワキが止まらない。
(・・・やっぱりテンションがおかしい・・・)

マイペースで、熱く、楽しく
応援していきましょう!

今年も、どうぞよろしくお願いします。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2017年を振り返る

2017/12/31 02:56
・・・1年が過ぎるのって、ほんと早いですね・・・。

この前の24日、世の中はクリスマス・イブでしたが
私は、星組東京千秋楽の中継を見に行って
帰宅してから、録画していた全日本フィギュアを見る、という
気持ちも体力もハードな1日を過ごしまして。
タカラヅカファンであり、かつ、フィギュアスケートファンである
私としては、素晴らしい日で感無量なのでした。

なんといっても、ベニーがとてもカッコよくて、ザ・トップスターで
なんだかまぶしく見えて嬉しかった〜♪
お芝居では、せおっちが「トゥーランドット」の「誰も寝てはならぬ」を
一節、朗々と歌い上げて
しょーまくんのことを意識しての選曲なのかどうかは知らないけど
応援してくれてるような気が勝手にして、鳥肌ものでした。

というわけで、ファンとして新たな段階に来たような気が
するような、しないような、2017年。
観劇回数を振り返ってみませう。
ちなみに、去年はこんな感じ。


〈宝塚〉
●花組
「雪華抄」「金色の砂漠」東京千秋楽 ライブ中継 1回
「邪馬台国の風」「Sante!!」1回
「邪馬台国の風」「Sante!!」東京千秋楽 ライブ中継 1回
●月組
博多座「長崎しぐれ坂」「カルーセル輪舞曲」2回
「All for One」東京千秋楽 ライブ中継 1回
●雪組
「幕末太陽傳」「Dramatic“S”!」1回
「幕末太陽傳」「Dramatic“S”!」千秋楽ライブ中継 1回
●星組
「THE SCARLET PIMPERNEL」東京千秋楽 ライブ中継 1回
「ベルリン、わが愛」「Bouquet de TAKARAZUKA」東京千秋楽
ライブ中継 1回
●宙組
0回

合計10回


〈宝塚以外〉
博多座「細雪」1回

合計1回


・・・去年と比べて、観劇回数がガクンと落ちちゃいました。
友の会の抽選には毎回申し込んでるけど、外れた時は
ライブ中継だけにしたり、諦めたりしていたので、こんな結果に。
以前は毎月通っていたムラには、なんと2回しか行っていない!
宙組に至っては、まったく見ていない。。。(ごめんなさい)
改めて数字で見ると、自分でも衝撃。
これが現実なのね。
ファン生活も20年を過ぎると、生徒はもちろん、演出家も
自分より若い人が増え、
そのせいかどうかはわからないけど
観劇意欲が湧かない演目も出てきた。
遠征がしんどい時もある。
まぁ、もともとCS中心の観劇生活だもんね。
観劇はいいや、と思った演目でも、CSのニュースを見て
良い公演だったんだなぁと思ったものもたくさんあるし。
(・・・まぁ、しょーまくんに心を奪われている時間が増えたのも
 原因のひとつですな。)

タカラヅカとのかかわり方が変わっても、
好きな気持ちに変わりはありませんので!

今年も、こんな開店休業状態のブログにお越しくださり
ありがとうございました。
それでは皆様、よいお年を。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


挑戦

2017/12/29 23:00
フィギュアスケートの話です。

遅ればせながら。。。
全日本選手権。

しょーまくん、優勝、そしてオリンピック代表、おめでとう!!

しかし・・・
フリーの最後、ポーズを決めるや否や
目を閉じながら両手を合わせて、ゴメンナサイのしぐさ。
なんだか、切ないなぁ。
結果も大事だし、誰かのために滑ることも大切なんだろうけど
やっぱり一番は、自分のために滑ってほしい。
しょーまくんが、自身が求める良い演技のために
ものすごく努力していることは伝わるし
それがいつか、試合で思う存分発揮されるところを見たいなぁと
勝手に応援してるだけ。
挑戦には失敗が付き物。
あやまらなくて、いいんだよ。

今回、ショートもフリーも、スピン、ステップがすべてレベル4!
ジャンプを失敗しても、そのほかに影響することなく
ぐっと引き込まれるような演技だった。
特にフリーの前半は、すごい集中力を感じて
アクセルは満点だったし、
これは大変なことになるかも!とドキドキ。
後半最初のフリップで転倒してしまった後は、体力が切れたとの事で
回転が抜ける、珍しいミスが続き
あのプル様しか成功していないという、セカンドジャンプに4回転
のチャレンジも、失敗に終わった。
やっぱり、それだけ緊張してたからじゃないのかなぁ。
全日本だから、そして、オリンピック代表がかかっているから。

その夜は、悔しさで眠れなかったそうだけど・・・
あの、いつも眠そうなしょーまくんが、よ!相当だよ、これ。
でも、ファイナルでサルコウを、今回でセカンド4Tを試してみて
腹を決めたのか、ジャンプ構成を昨季と同じにして
完成度を高めると宣言。
アイスショーも、すっきりした顔でキレッキレの演技だったそうで。
(録画をまだ見てないの・・・)
ひとまず、安心。
今季これまで、いろいろ挑戦して試してきて
それでも金か銀しかとってないしょーまくんは
どんだけ強いんだと改めてびっくりだけど
完成度としてはなかなか上手くいかず、
つらい思いしかしていないような気がして・・・
早く、ここまでできた、やった!と嬉しさを感じてもらいたいなぁ。


そのほか、印象に残ったあれこれ。

けいじくんとムラさんの熱い闘いも、すごかったですね〜。
フリーは、こんなムラさんが見たかったんだよ!という
素晴らしい演技のあとで
けいじくんも気迫のこもった見事な演技。
昨季から今季、国際大会でいろんな経験をしたことが
身になって、彼を大きく、強くしたんでしょうね。
そして、お帰り、草太くん!
ほんの数か月前、ジャンプは1回転しか跳ばなかったのに
3・3のコンビネーションまで成功させて、情熱の演技だった。
素晴らしかったです。

より厳しい戦いだった、女子。
私の一番は、本郷理華ちゃんのショート。
何もかもが、一番高いところでぴったり合って、
今まで見た中で一番良かったと思う。
久々にフィギュア見ながら号泣した。
今回の主役は、坂本花織ちゃん!
全日本で、初めてショート1位で、フリーは最終滑走。
これ以上はない、と思うくらいのプレッシャーがかかる場面で
ほぼノーミスの演技・・・圧巻でした。
緊張に弱いから、と、たくさんの試合に出て実戦で経験を積んだ
成果がここに!
そして、帰ってきた女王、さっとん。
ただミスなく滑るだけじゃなく、表情も豊かになったし
動きの一つ一つがより洗練されていて、
情感のこもった良い演技だったな。
しょーまくんと共に優勝して、一緒にオリンピックに行くんだね・・・
嬉しい♪

みなさん、お疲れさまでした。
いよいよオリンピックが、現実のものになりました・・・ドキドキわくわく。
どうか、みんな無事にその舞台で力を発揮できますように。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

Web拍手


お気軽に一言どうぞ♪


ふりむけば花のみち/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる