ふりむけば花のみち

アクセスカウンタ

zoom RSS サヨナラではなく

<<   作成日時 : 2017/06/02 22:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

雪組「幕末太陽傳」「Dramatic“S”」千秋楽
ライブ中継を見てきました。

お芝居は、落語をもとにした映画が原作なので
登場人物がみんな魅力的で面白いし
いろんなところで、いろんな人が、いろんなことをしていて
目がいくつあっても足りない状態だし
大笑いしているうちに、テンポよくどんどん話が進んでいく。
ちぎちゃんは、要領よくふるまっていて茶目っ気のある「居残りさん」。
でも男気があって、賢くて、笑顔の裏に翳りもあり・・・と
ちぎちゃんのイメージそのままみたい。
ひょいひょい、と事態を解決に導いていくさまが痛快。
またちょうど、例のスカステ「プレ・ステージ」を見たばかりだったので
品川宿や相模屋の様子がよく想像できたし
このくだりは、あの話からきてるのかな〜なんて思いながら見て
物語をとても楽しめたのも良かった。
笑いの中に、ホロリとさせられるシーンもあり
最後は、みゆちゃん演じるお染ちゃんに騙された汝鳥伶サマが
銀橋を走っていくちぎみゆに、恨みをぶつけるところを
「幸せになれよ〜」と叫んでいて、ジーンとさせられた。
そして、歌が昭和のコメディ映画風で
タンゴだったりブルースだったり、なんでもありで、こちらも面白かった。
ラストは、旅立つ二人に重ね合わせてあるけど
サヨナラっぽくない明るい旅立ちが、ちぎちゃんらしいなぁ。

ショーは、みんな踊りっぱなし。
中詰後の「絆」の場面が、サヨナラ仕様になるわけだけど
ここも、みんなで歌って踊って
しんみりし過ぎずに「仲間の絆」を感じられる、素敵な場面。
最初は、今回の退団者たちだけで歌い
同期や近い学年のグループが次々に出てきて
最後は、半円形に並んだみんなの前を、一人一人と笑顔を交わしながら
ちぎちゃんが歩いていく・・・
真ん中でデーンとしていていいトップさん自ら動く、というのがまた
ちぎちゃんらしいなぁと思い・・・
でもさすがに、感極まって声を震わせて歌うちぎちゃんに、もらい泣き。。。
そして、フィナーレの「別れの曲」でのデュエットダンスが感動的。
カゲソロのだいもんの温かい歌声。
敢えて、カゲソロなんですよね。
最後のデュエットで、涙、涙・・・のはずなんだけど
なぜか、涙よりもあったかい気持ちでいっぱいになった。
銀橋に行く前だったか?、ちぎちゃんがみゆちゃんに両手を差し出すところで
軽くうなずいて、みゆちゃんが嬉しそうに微笑み手をのせるのが
スクリーンに大きく映り
テレビとかではいつも、みゆちゃんをからかうちぎちゃんだけど
二人の信頼関係が、その一瞬の表情で見える気がしました。

サヨナラショーもまた、ちぎちゃんらしさがいっぱい。
(以下、抜けがあったり、順番が違っていたらごめんなさい)
幕が上がり、あ、この曲は・・・ルパン三世!
ルパンの真っ赤なジャケットを思い出させる、真っ赤な燕尾で大階段に登場。
「ルパン飛び」もしっかり。
そこから、ちぎちゃんがトップになってからの作品の主題歌をメドレーで。
みゆちゃんの、「伯爵令嬢」コリンヌのパリの歌?を挟んで
(あのワンちゃんの声もあり)
「ウノ、ドス、トレス・・・」のエスメラルダのフィナーレ、男役の群舞。
退団者がエスメラルダの主題歌を歌い
ちぎみゆのデュエット曲メドレー・・・ルパンのリベルデ、ケイレブ、
ローマの休日。
そして、ちぎちゃんがソロで歌って、客席がペンライトを振っていた
と思うんだけど・・・。
最後は、「Greatest Hits!!」のプロローグ。
みんなでわいわいと盛り上がって、幕。
なんか、運動会で「みんな、行くよ!うぉー!」と鮮烈なお披露目をした
そのときのイメージのまんま、みんなで盛り上がろう!という感じの
心あたたまる、サヨナラショーでした。

何度も言ってるようだけど
本公演、サヨナラショーを通して
サヨナラだから悲しい・・・じゃなくて
あったかい気持ちで、胸がいっぱいになったんだよね。
不思議な感覚。
袴で大階段を下りてくる姿を見ても、まだ
ちぎちゃんがタカラヅカから、雪組からいなくなるなんて
信じられないなぁ。
プレお披露目はCSで見たけど、大劇場お披露目からは
小劇場公演も含めて、全部観劇していて
ずっと追いかけてきたファンではないんだけど
ちぎちゃんの舞台は、大好きなんです。

カーテンコールも終わって、最後に緞帳の前にでてきた、ちぎみゆ。
「私ばかりしゃべってるから・・・どうぞ。」と、みゆちゃんに振ると
「『私の愛する人のイニシャルは、S』・・・早霧せいなさんです♪」
大テレで「・・・ありがとうございまぁす。」
「手のひらで転がされて早3年・・・」
「嫌と言ってもついてきた、咲妃・・・あとで、怒られそうです。」
と、いつものちぎちゃんで笑わせて。
あいさつでは、「どんな状態でもついてきてくれた、咲妃」って
言ってたのに。(笑)
まだまだ、この夫婦漫才を見ていたいです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

Web拍手


お気軽に一言どうぞ♪



グリムス



サヨナラではなく ふりむけば花のみち/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる